スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

占い師になるには 弟子入りってあるの?

占い師になるには 弟子入りってあるの? 

 

占い師になるには 弟子入り占い師になるには 弟子入りってあるの これは、実際の話としては、分かりません。インターネットが普及する以前は、占い師に弟子入りし、そこで占いの知識を学び、師弟関係の中で、占い師の道に入る方々もいました。

 

占い師になるには 弟子入りの話は、それほど、耳にする話は多くはなく、最近においては、あまり見られない話です。

 

従来は、占い師の存在は閉鎖的な環境でもあり、本屋においても、それほど多く、置いている姿はありませんでした。占い師に弟子入りしなければ、占い師としての素質を磨あげることができなかった環境などもあったでしょう。

 

しかしながら、近年は、インターネットの普及に伴い、占い師としての知識も割と独学で身に付きやすい環境も増えています。

 

実際の話は分かりませんが、電話占いサイトなどに所属されている占い師の方々、弟子入りして占い師になられた方はそれほど多くはないでしょう。

 

逆に言えば、占い師の存在が、従来よりも増えている傾向もあり、従来、師弟関係で占いを教えていた人々も、仕事が少なくなり、自分の仕事で精一杯でありまして、師弟関係を結ぶほど余裕がないとも思われます。

 

現在においては、弟子入りによって師弟関係と言うよりも、独自に教室を開き、カルチャースクールの様な形で、占いを教えている傾向の方が多いようにも思われるのです。

 

電話占いサイトなどの普及により、占いの相談に応じる姿も多様化していまして、一人当たりの先生に対して相談に訪れる相談者の数も減っているのではないかと思われます。

 

正直な話、占い師になるには 弟子入りを求められている人は、独学で学ばれている占い師の方よりも、占い師として軌道に乗るのが難しいでしょう。

 

なぜならば、占い師の方は、相談者に対して、能動的にエネルギーを分け与える必要性もあり、先生を求められている方は受け身的な気持ちも強く、与えられなければ、占い師になれないと思い込んでいる姿もあるためです。

 

占い師は、国家資格があるわけでもなく、誰しもが、占い師として名乗って、相談に応じることも可能です。能動的な気持ちを持ち合わせて、占いの知識を吸収している方の方が、前向きな気持ちを持ち合わせているものであり、同じスタートラインにおける心構えに違いもあるでしょう。

 

ただ、占い師になるには、弟子入りに対して、占いの流派を持つ占いであれば、弟子入りの話もある可能性もあり、例えば、高嶋断易などは、もしかすると、弟子入りの話があるかもしれません。

 

占い師になるには 弟子入りの話について、相談者の立場から見えてくるのではないでしょうか。相談者の多くは、特定の先生そのものを求めているのではなく、占い師が持つ霊感と、適切なアドバイスの話でもあるでしょう。

 

弟子入りをしたからと言って、必ず、相談者が現れるとも限らず、他人に頼らず、自分自身で自分自身の力を磨いていく気持ちも大切な話になるのです。

 

占い師になるには 弟子入りしたい気持ちの方も分からない話でもなく、学校の教育は、与える傾向もあり、自分自身で考える環境もそれほど多くはないでしょう。

 

ただし、占い師としてのカリスマ性を考えれば、自分自身で考える人の方が、個性が強く、輝いて見える傾向もあり、占い師としての軌道に乗れるかどうかの、大きな違いになるかと思われます。

 

占い師になりたい方、カリスマ性の強い占い師の方を見て、占い師になりたいと言う気持ちもあるのではないでしょうか。

 

弟子入りは、自分とは違う先生方の考え方、ノウハウを吸収しやすくもあり、悪い話ではありませんが、それに頼りきりになるのではなく、自分自身の直感に従って考えを持つのも大切な話になります。

 

占い師になるには お勧め!関連記事

 

占い師になるには

 

占い師になるには 独学

 

占い 当たるか